電子タバコはなかなか禁煙サポートで使える

喫煙者にとっては住みにくい世の中になってきました。


駅構内、レストラン、その他の公共の場所では、たばこが御法度とされる場所がたくさんあります。
歩きたばこの灰が、こどもの目に入ったといって、新聞の投書欄に出る時代です。
喫煙者はしっかりとマナーを守らないと、そのうち罰金刑などが設けられると大変でしょう。
さて、そのような中で、喫煙者にとっては、救いの商品といってもよいものが出ました。
電子タバコです。
電子タバコでは、火を使わない、副流煙がない、したがって嫌な臭いも発生させないで、喫煙気分を味わうようにできています。
見た目は本物のたばこそっくりです。
カートリッジを吸うことで、煙が出るというもので、タバコを吸っているという気持ちになります。
また、フレーバー付きの交換フィルターを使えば、その日の気分に合わせたさわやかな味を楽しむことが可能です。
子ども騙しのような商品だと、一部の禁煙家には煙たがれてはいますが、だまされたと思って使ってみると、案外悪くはないというと感じるほどよくできています。

禁煙に役立つ電子タバコ

現在、日本人の喫煙者率は約21%、5人に1人の割合で喫煙している人がいます。
昔から喫煙は健康に悪いと言われてきましたが、一度タバコを吸う習慣がついてしまうとなかなか止めることができません。
禁煙するには本人の意志が重要ですが、仕事のストレスや食後の一服の感覚が忘れらず、ついついタバコを吸いたくなってしまいます。
そこで、禁煙したくてもなかなか出来ない人に力強い禁煙グッズが発売されました。
それは電子タバコというものです。
電子タバコは本物のタバコと同じ形をしており、実際に煙を吸って吐き出すこともできます。
電子タバコの煙は水蒸気なので、ニコチンやタールなどの体に有害とされている成分は一切含まれていません。
水蒸気を吸って吐き出しているだけなので、1日に何回吸っても人体に悪影響はありません。
また本物のタバコと同じように何種類かの味が選べます。
普通のタバコの味やメンソール味もあるので、実際のタバコを吸っているような感覚を味わうことが出来る禁煙グッツです。