エイジングケアで一番大切な保湿成分の摂取法

保湿が一番大切と言われて


私は乾燥肌です。
よく、乾燥している人は保湿が足りていないという言葉を耳にします。
肌の奥から水分を欲しているので何度も重ね付けをするように気を付けています。
美容液はあくまで栄養補給、乾燥には化粧水しかききませんよ、と以前美容部員の方に言われた事があります。
それからというもの、化粧水の重ね付けをメインにし、それでも突っ張る時のみ美容液を付けるようにしました。
今は乾燥がほとんど気になりません。
保湿は化粧水以外にパックで行うこともあります。
水分がいきわたると肌がぷるぷるとし、透明感が出てくるのでその感じを忘れないように目安としてケアを行っています。
これから、空気が乾燥してくる季節に入ります。
肌の水分が失われやすいので、化粧水のパックや内側からの補給として水分をたくさんとり、備えていきたいと感じています。
保湿は肌にとってとても大切です。
乾燥するとそこからシミになりしわになりといいことがないので、十分気を付けていきたいです。

保湿効果の成分と摂取法

肌の乾燥は角質層の水分が不足する事によって起こります。
肌が乾燥すると弾力がなくなり、しわが目立つようになったり、にきびなどの吹き出物の原因になります。
保湿はこれらを予防し肌を健康に保ってくれます。
肌の保湿に効果がある成分はいくつかあります。
よく耳にする成分としてヒアルロン酸があります。
これはわずかな量で大量の水を含む事ができる性質と高い粘着性から高い保湿効果を持っています。
また、同じような性質を持つ成分としてセラミドがあります。
セラミドは水だけでなく油に対しても高い親和性を持ち肌の角質層に水分と油分の両方を補う働きがあり、肌にハリやツヤをもたらしてくれます。
その他本来肌が持っている天然の潤い成分アミノ酸も肌の弾力やハリを取り戻してくれます。
これらの成分を含んだ食品や薬品は現在たくさん販売されており、誰でも気軽に手に入れることが出来ます。
商品によって入っている成分の種類は異なりますので自分に必要な成分を選ぶ事ができます。
また効果を発揮させるために十分な量が入った製品を選ぶ事が大切です。