女性の美のためにサプリメントや化粧品を集めてみました

人間の全体重の6%がコラーゲンです

コラーゲンはタンパク質

美肌成分のコラーゲンにこだわるこちらのサイト
まずはこの重要な美肌成分コラーゲンについて基本的な情報を確認しておきたいと思います。
コラーゲンとは、生物を構成するタンパク質の一種です。
タンパク質とは数十個のアミノ酸・核酸・リン酸・糖・脂質などで作られる窒素を含む有機化合物。
英語名でプロテイン(protein)と言います。
生命の重要な栄養素の一つで、人間の体を形づくるために必要不可欠な栄養素になっています。

女性50㎏のコラーゲン量は3㎏

タンパク質は人間の全体重比で20%を占める重要な構成要素です。
これ以上、多いものは血液を含む水分(60%)しかありません。
そのタンパク質の内、コラーゲンが占める量は3割にも及びます。
体重50㎏の女性であれば、タンパク質は10㎏。
その内、コラーゲンは3㎏にもなります。
人間の全体重の6%がコラーゲンですから、それほどの量を私たちはカラダの中に溜め込んでいるのです。

人間の構成要素(全体重比)

  1. 水分 60%
  2. タンパク質(コラーゲン含む) 20%
  3. 脂肪 15%
  4. 無機質(カルシウムなど) 5%

皮膚の中に多く含まれています

コラーゲンはカラダの中で細胞間を結びつける重要な役割を持っています。
その役割が最大限に発揮される場所は、お肌。
人間の皮膚には全コラーゲンの4割が集まっています。
肌にハリと弾力を生み出すのは、コラーゲンが結びついたネットワークのおかげです。
美肌サプリメントやアンチエイジング化粧品に、コラーゲンが配合されたものが多いのは、そのためです。

骨を作るのもコラーゲン

その他の場所では、骨や軟骨の中にあり、こちらには全コラーゲンの1~2割が使われています。
骨は意外にもコラーゲンが9割を占める組織です。
骨というとカルシウムの印象が強いのですが、コラーゲンがなければ骨は作れません。
関節痛のサプリメントにコラーゲンが配合されていることが多いのは、軟骨を作るのにもコラーゲンが必要だから。
コラーゲンがなければ、骨はグズグズになってしまい、ピンと体を支えることができないのです。

最新記事